ビジネスで商品を撮影するなら「美しく」

インターネットが普及したことによりインターネットの通販サイトで、インターネットオークションなどでも法人が運営する店でも商品を売っている人もたくさんいます。通販サイトの利点は、24時間商品を見たり、注文したりすることが自由で、町中の店頭のものより人件費がかかっていないため安い点があげられます。

就活写真について – 就職 | 教えて!goo

ただ、通販サイトで商品を売るビジネスを展開しようとした場合、一つ注意する事があります。購入を検討している人は100文より1見だという事です。
コメントだけ載せたものでは、購入した人からたくさんのクレームを受けるリスクがあります。購入する状況において文章で信じて良いのはスペック位でそれ以外を、購入する人に分かってもらうためには、商品写真の撮影を如何に上手くこなすかが大切になるのだと思います。商品の写真をたくさん撮影し、見せる事によってクレームの対策にもなると思います。

特に重要であるのは中古商品をビジネスとして取り扱っている場合です。
商品に傷がある場合、文章で傷があると明記してあるといっても購入者の思っていたよりも多量の傷があった場合などお金を返すことになる場合があります。上記のような購入者は人数的にはあまりいないと思いますが、一度起きるとクレームに繋がり、クレーム処理ほど時間がかかり解決しない問題はないので大きなリスクとなることでしょう。ビジネスでこのようなサービスをする場合、クレームは命取りで悪評などがインターネット上で広がると売上が落ち込んだりと踏んだり蹴ったりのことが色々と起きてしまいます。

このような危険を避けるためにも商品の写真を綺麗にとる事は非常に重要なことだと言えます。
商品の写真を撮影する事で、かなり工夫したビジネスでは得られる効果も大きいです。特に自社製品で有名でない企業の場合、カタログなどの作成にお金をかけられないため、写真を撮ってインターネットに載せる事が必要になってきます。言葉でたくさんの事を伝えようとしても、分かりにくい曖昧な物の場合は相手にうまく伝わりにくいものです。最近のカメラは性能も良くなっていて、見事に商品を撮ることができるため、仕事にはなくてはならないものということがわかります。多くの方がお手持ちのスマートフォンなんかでもきれいに写真を撮ることができます。撮影する角度や光の具合、場所などが違えば同じ写真でも別物に見えます。ちょっと工夫をするだけで見え方も変わりますので、イメージも変わります。どのような写真なら集客しやすいかとお考えの方もいるでしょうが、やはり感性は人それぞれですので、個人差があります。