お花であふれる大阪の家族葬

家族葬の注意点

家族葬は近親者や友人といった親しい関係の人たちと行うお葬式のスタイルです。一般的なお葬式と流れは同じですが、なにより遺族や、故人が「そのようなお葬式にしたいか」が反映されやすくなります。最近では、故人の思い出の品や、好きなお花、音楽などに囲まれたアットホームな雰囲気で行われるため、認知度も高まっています。

家族葬は家族だけで行うお葬式だと誤解されがちですが、実際はそうではありません。家族葬と呼ばれていますが、おおむねオリジナリティがあるコンパクトなお葬式が多いようです。通夜、お葬式、火葬といった流れで行われます。

「家族葬なら費用が安い」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。一概にそうとも言い切れません。
一般的なお葬式の場合、参列するかたも多いため、広い斎場でお葬式が行われます。「家族葬は狭い場所でするものだから安いのでは?」というわけではありません。参列者が少なければ会場は狭くてもよいものの、いただく香典も少なくなります。そのため、実際には手出しが多くなる可能性もありえるのです。家族葬のプランを打ち出している葬儀場もたくさんありますので、見積もりをとったり、じっくりとプランやオプションを検討することが大切です。

家族葬のスタイルとして人気なのは、お花に囲まれたお葬式です。大阪には祭壇を埋め尽くすほどのお花で故人を送れる家族葬を行っているところもあります。

家族葬は、故人や遺族の思いを反映しやすいお葬式をあげられることがメリットですが、注意することもあります。
「家族だけ」「友人だけ」と安易に決めてしまうと、のちほど遺族の知らない故人の友人知人を不必要に傷つけてしまう可能性があるということです。
故人にも遺族の知らない友人がいても不思議ではないことですが、あとになって「なぜ知らせてくれなかったのか」と自宅に訪れることもあるようです。
そのため、誰に声をかけるかを考えるときは慎重になることをおすすめします。

家族葬は身内で行うお葬式、だとは思いこまず、見送る側の気持ちにも寄り添えるとよいでしょう。