他の医療分野の医師と異なり歯の治療のみを行うのが歯科医師です

あまり知られていないのですが、医療における歯科などは、日本においてはいわゆる通常医療とは別分野に属する医療などとして扱われております。医師免許を持つ医師がどの診療科目を掲げても問題が無いことに対して、歯科医師免許を所有する歯科医師は歯科のみを診療科目として掲げることなどが許可されています。歯科というのは通常の医療とは別の、歯の治療を行うプロの分野として分けられているのが日本の歯科医療の制度です。

歯科医療においては、歯科医師免許を取得した歯科医師のみが日本では歯科医院を開くことが出来ます。

歯科医師になるには、歯学部のある大学もしくは歯科大学へ入学して6年間の歯科に関係のある勉強をする必要があるのは、医学部のある大学あるいは医科大学に6年間通う必要がある医師と同様です。歯科医師は6年間、大学の歯学部または歯科大学に通い勉強と研鑽を積んだ後、歯科医師免許試験を受けてその試験に合格することが出来ればやっと歯科医師となることが出来ます。

曙橋で貴方にフィットする治療を実現する歯科

歯科医師免許を取得している歯科医師は医療の分野では歯の治療のプロと言えるわけですが、歯科医師免許を取得後の動向は歯科医師によって違います。

“医療事務について _x000D_ : _x000D_ キャリア・職場 : _x000D_ 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)”

歯科医師免許を入手した後にすぐに開業医として自分の歯科医院をオープンする歯科医師もいるし、あるいは大学病院の歯科や歯科治療を専門に行なう大学病院に勤務医として勤めている歯科医師もいます。