必要なおもてなし

殆どの人は、同じ職場の人や友達とのディナーにはそこそこ落ち着いた感じの所を選ぶはずです。近場にある大衆居酒屋の様な所とは「おもてなし」方が多少異なりますよね。一例として、外人の方に和食を用意するのもおもてなしの1つではないでしょうか。接客から料理まで、おもてなし方は色々ですが、一方的すぎるのはおもてなしになる場合とならない物があると私は思います。
ちょっと前、フランス料理屋さんでスープを注文しましたが友達との会話が止まらなく、スープを少し冷めてから食べていたところシェフから「温かいうちに食べてください」とたくさん言われて少し嫌な気分になった事をよく覚えています。個人的にもお店としても、おもてなしだと思ってやってくれた事が反対に嫌な気持ちに捉えられる事もありますので、一線を越えない事が重要だと思います。

さくらんぼ狩りならコチラがお勧めです。

レストランと言うと、フレンチやイタリアンなどややお洒落なお料理の印象がありますよね。私も最近、ちょっぴり落ち着いたイメージのイタリア料理屋さんへ行きましたが、そちらでピザを出してもらいました。
私は普段宅配ピザしか注文しないので、非常に嬉しかったですし、味も最高においしかったのですが、他のお客さんはピザをナイフとフォークで食べていたのです。手で食べていた私はすごく恥ずかしく、合わせて若干目を疑いました。あまり行かない所に行くと、そういった知らずに恥をかく経験をした方も多少いらっしゃるのではないでしょうか。
もちろん、不快な気持にはならなかったですが、すごく恥ずかしかったです。そのような経験も、レストランならではで学べますし、良い体験になるので、機会があれば少しお洒落なレストランに行くのも楽しいと思います。