購入者の意見を聞こう!

ひとくちに電子機器と言っても、用途やシーンによって必要な商品は全然違います。例えば、飲食店を経営しているなら、厨房の中で使う業務用の食洗機やオーダーを管理するPOSシステムが必要になりますが、イベントやライブ等を制作する会社では、大型のモニターのような商品が必要になります。ネット上にある評価サイトの意見を読んだり、知人から使用感を聞くのも参考にはなりますが、実際に自分が使用する時に、完全に同じ環境で使う訳ではないので、購入後に自分に合わないという事もあり得ます。最も良いのは、気に入った製品を専門に扱う業者の営業担当の人とじっくり相談して、購入者の意見を教えてもらう事です。

自営業等で、コストカットのためにリサイクルのOA機器の購入を考えているなら、金額だけにとらわれないように注意しましょう。中古品販売の金額の決め方は、製品の使用度です。そういう訳で、完全に同じ機器でも、稼働実績が多く劣化しているものは、安く販売されています。中古OA機器を発注する時は、保証がついているかどうか調べましょう。

また、前の使用者のデータが消されているかは、大切なポイントです。例を挙げると、以前の所有者のデータの残っている複合機を使用してファックスを送った際に、間違って全く関係のない会社に機密情報を送ってしまう事もあり得ます。ですので、経費削減とはいっても、金額だけで中古品を決めるのはやめた方がいいです。